スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべてのさよならに、さよなら。

2008-05-21 (Wed) 01:27[ 編集 ]
私がホームページってやつに興味を持ったのは、
2003年の夏。

それから、日記だのHPだの、増えてったんだけど、
やっぱり最初のきっかけだったのが、
元気くんであり、みいさんだったのかなぁ。

おそらく、
そのセッションがなければ、
今の私はないでしょう。


一番最初に、
当時まだ生後一年にもなってなかった元気くんとの生活風景をウェブでの日記という
形を介して、読んで・知って・調べて、
なんか、ホントに、
うまく言えなかった覚えがあるけど、
BBSに書き込んでた記憶がある。
そのすべてが尊敬です・と。
当時、自分も自家繁殖という名の行為をした直後だったんで、
自分が同じ立場だったなら、できるだろうかと。
いろいろ考えて。


思えば、このときのアクションがなければ、
ネットで知り合う人も少なかったんだよねぇ。。。



今にして思えば、
そこまで、生き物同士として向き合うことのできる
命の責任と、
命を愛せるのかとかを考えてたんだろうと思う。

今でも、
他の命の責任は、わからないし。
他の命を愛してると確信したこともない。

もちろん、
ひのは大事だけど、
自分の生活を変えられるのかと言われれば、
環境的にもできないかもしれない。
今の仕事の評価とかは消しておいて、そこは抜きにして、考えると。


大学行ってた4年間で、
様々な
モノの見方が変わっていったけれど、
元気くんの存在も、変化をもらたしてくれたきっかけの一人だった。


いろんなことがあっても、
変わらずに持ち前のパワーで頑張ってたこと。
それを見て、元ちゃんもがんばってるんだ、
私だってめそめそいってられないわと思って耐えたこともあった。







その元気くんが、


逝ってしまったと・・・。




一度だけ。

一度だけだけど、ホントに会ったことがある。
4年前、東京まで会いに行ったときの話。
きあらは覚えてないかもしれないけど、きあらも一緒だった。



春に、
学生時代と違って、
資金面の余裕はあるから、
今年こそ、会いに行くからねと、
言っていたんだけれど・・・
でもきっと会える。
元ちゃんに触れることはできないかもしれないけど、
今度行ったときは、きっと会える。


その時に、お礼を言いたいと思った。





とびきりかなしいさよならの後には、
とびっきりうれしいこんにちはがあるんだよ



この言葉は、ずっと頭に記憶されてるセリフだけれど、
この言葉を思い出した夜。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。