FC2ブログ

博士の愛した数式

2006-07-19 (Wed) 13:14[ 編集 ]
博士の愛した数式 2005年公開
寺尾聰主演


原作を読んでから見たので・・・。
原作のほうがよかったかな。
寺尾さんと深津さんの演技はすごくよかったの!
浅丘ルリ子さんもね。
でも吉◎氏が・・・^^;個人的に苦手なのとは別に,別にルート視線で話進めなくてもよかったのにな,と。
原作は家政婦・つまり深津さんの視線。

ルートが大人になって,初めての授業で,博士のことをしゃべる・・・みたいなね。
時々,現実に戻るんだけど・・・。
これがいらないな~^^;
ずっと寺尾さん見せてよ~!!

事故のせいで,記憶が80分しかもたない博士。
新たに雇われた家政婦さんとの出会い。毎日同じことの繰り返しの中で,家政婦は博士に対して身に覚えのない父親を,家政婦の子供も,いたことのない父親像を重ね・・・と,私は思うんだけど^^;
まぁ,記憶障害をなんか暖かく見守ってる母息子の中に,父っぽいものも感じさせたんだよね。

あ,でも悲しく終わる小説よりも,映画の終わり方のほうがいいかも。
お姉さんの扱いも違ったし。
小説は,家政婦に嫉妬して,最後は勝ち誇る空気なんだけど,映画はみんな仲良く博士を見守って楽しく生きていくって感じだし。

博士は不幸だったけど,幸せものだよね。



ところで,お姉さんのおなかにいた子供は,博士との子供?それともお兄さん?
私はお兄さんではなく,博士だったと思うんだけど・・・20060720145737.jpg

スポンサーサイト